ホーム > 名入れカレンダーご利用ガイド > 暦(こよみ)について

暦(こよみ)について

二十四節気

二十四節気二十四節気(にじゅうしせっき)は、1太陽年を日数(平気法)あるいは太陽の黄道上の視位置(定気法)によって24等分し、その分割点を含む日に季節を表す名称を付したもの。二十四気(にじゅうしき)ともいう。太陰太陽暦において月名を決定し、季節とのずれを調整するための指標として使われる。

分割点には12の節気と12の中気が交互に配され、各月の朔日(1日)が対応する節気前後になるように月名を決める。実際には月中に次の中気が含まれるように決める。例えば雨水が含まれる月を「正月」と決めると元日の前後半月以内に立春があることになる。中気が含まれない月が現れた場合には閏月が設けられる。

ただし、定気法においては例外の処理が必要となる。特に重要な中気である夏至・冬至の二至、春分・秋分の二分を併せて二至二分といい、重要な節気である立春・立夏・立秋・立冬を四立、二至二分と四立を併せて八節という。

また1年を春夏秋冬の4つの季節に分け、それぞれをさらに6つに分けた24の期間を表すものとして使われることがある。この場合、二十四節気をさらに約5日ずつの3つに分けた、七十二候という分類があり、各気各候に応じた自然の特徴が記述された。

日本では暦注など生活暦において使われている。

暦月と節月

ill太陰太陽暦における1ヶ月は月の運行に基づき朔日から晦日までとする区切り方である。この月を暦月という。各暦月の名称は二十四節気を基準に定められる。

暦では正月・2月・3月を春、4月・5月・6月を夏、7月・8月・9月を秋、10月・11月・12月を冬とする。なお暦注において暦月による月の区切り方を月切りという

太陽黄経が30の倍数であるもの(春分・穀雨など)を中(中気)、そうでないもの(清明・立夏など)を節(正節、節気)という。節気から次の節気の前日までの間を1か月とする月の区切り方を節切り、その月を節月という。日本において占いや年中行事を記す暦注の中で節切りによるものがよく使われ、また季語の分類も主として節切りで行われている。

節月では、正月節(立春)から2月節(啓蟄)までが正月、2月節(啓蟄)から3月節(清明)までが2月、3月節(清明)から4月節(立夏)までが3月というようになり、立春から立夏までが春、立夏から立秋までが夏、立秋から立冬までが秋、立冬から立春までが冬というように定められる。

旧暦においては月名は、その月が含む中気によってきまる。従って雨水が正月15日以前にきたときは立春はその15日前なので、立春が前の年ということが起こり、これを「年内立春」という。古今集の「年のうちに春は来にけり、一年を去年とやいはむ、今年とやいはむ」はそのことを歌ったものである。出典:ウィキペディア

二十四節気

季節 節月 節(せつ) 中(ちゅう)
1月 立春(315度、2月4日頃) 雨水(330度、2月19日頃)
2月 啓蟄(345度、3月6日頃) 春分(0度、3月21日頃)
3月 清明(15度、4月5日頃) 穀雨(30度、4月20日頃)
4月 立夏(45度、5月6日頃) 小満(60度、5月21日頃)
5月 芒種(75度、6月6日頃) 夏至(90度、6月21日頃)
6月 小暑(105度、7月7日頃) 大暑(120度、7月23日頃)
7月 立秋(135度、8月7日頃) 処暑(150度、8月23日頃)
8月 白露(165度、9月8日頃) 秋分(180度、9月23日頃)
9月 寒露(195度、10月8日頃) 霜降(210度、10月23日頃)
10月 立冬(225度、11月7日頃) 小雪(240度、11月22日頃)
11月 大雪(255度、12月7日頃) 冬至(270度、12月22日頃)
12月 小寒(285度、1月5日頃) 大寒(300度、1月20日頃)

七十二候

二十四
節気
日頃 七十二候 七十二候の意味
立春 初候 2月4日頃~2月8日頃頃 東風解凍
(はるかぜこおりをとく)
東風が厚い氷を解かし始める
次候 2月9日頃~2月13日頃 黄鶯睍睆
(こうおうけんかんす)
冬蘢りの虫が動き始める
末候 2月14日頃~2月18日頃 魚上氷
(うおこおりをいずる)
割れた氷の間から魚が飛び出る
雨水 初候 2月19日頃~2月23日頃 土脉潤起
(つちのしょううるおいおこる)
獺が捕らえた魚を並べて食べる
次候 2月24日頃~2月28日頃 霞始靆
(かすみはじめてたなびく)
雁が飛来し始める
末候 3月1日頃~3月5日頃 草木萌動
(そうもくめばえいずる)
草木が芽吹き始める
啓蟄 初候 3月6日頃~3月10日頃 蟄虫啓戸
(すごもりむしとをひらく)
桃の花が咲き始める
次候 3月11日頃~3月15日頃 桃始笑
(ももはじめてさく)
山里で鶯が鳴き始める
末候 3月16日頃~3月20日頃 菜虫化蝶
(なむしちょうとなる)
鷹が郭公に姿を変える
春分 初候 3月21日頃~3月25日頃 雀始巣
(すずめはじめてすくう)
燕が南からやって来る
次候 3月26日頃~3月30日頃 桜始開
(さくらはじめてさく)
遠くで雷の音がし始める
末候 3月31日頃~4月4日頃 雷乃発声
(かみなりすなわちこえをはっす)
稲光が初めて光る
清明 初候 4月5日頃~4月9日頃 玄鳥至
(つばめきたる)
桐の花が咲き始める
次候 4月10日頃~4月14日頃 鴻雁北
(こうがんかえる)
熊鼠が鶉になる
末候 4月15日頃~4月19日頃 虹始見
(にじはじめてあらわる)
雨の後に虹が出始める
穀雨 初候 4月20日頃~4月24日頃 葭始生
(あしはじめてしょうず)
浮き草が芽を出し始める
次候 4月25日頃~4月29日頃 霜止出苗
(しもやみてなえいずる)
鳴鳩(いかる)が羽を払う
末候 4月30日頃~5月4日頃 牡丹華
(ぼたんはなさく)
郭公が桑の木に止って蚕を生む
立夏 初候 5月5日頃~5月9日頃 鼃始鳴
(かわずはじめてなく)
雨蛙が鳴き始める
次候 5月10日頃~5月14日頃 蚯蚓出
(みみずいづる)
蚯蚓が地上に這出る
末候 5月15日頃~5月20日頃 竹笋生
(たけのこしょうず)
王瓜(からすうり)の実が生り始める
小満 初候 5月21日頃~5月25日頃 蚕起食桑
(かいこおきてくわをはむ)
苦菜(にがな)がよく茂る
次候 5月26日頃~5月30日頃 紅花栄
(べにばなさかう)
薺(なずな)など田に生える草が枯れる
末候 5月31日頃~6月5日頃 麦秋至
(むぎのときいたる)
ようやく暑さが加わり始める
芒種 初候 6月6日頃~6月10日頃 蟷螂生
(かまきりしょうず)
螳螂が生まれ出る
次候 6月11日頃~6月15日頃 腐草為蛍
(くされたるくさほたるとなる)
鵙が鳴き始める
末候 6月16日頃~6月20日頃 梅子黄
(うめのみきばむ)
鶯が鳴かなくなる
夏至 初候 6月21日頃~6月26日頃 乃東枯
(なつかれくさかるる)
鹿が角を落とす
次候 6月27日頃~7月1日頃 菖蒲華
(あやめはなさく)
蝉が鳴き始める
末候 7月2日頃~7月6日頃 半夏生
(はんげしょうず)
烏柄杓が生える
小暑 初候 7月7日頃~7月11日頃 温風至
(あつかぜいたる)
暖い風が吹いて来る
次候 7月12日頃~7月16日頃 蓮始開
(はすはじめてひらく)
蟋蟀が壁で鳴く
末候 7月17日頃~7月22日頃 鷹乃学習
(たかすなわちわざをならう)
鷹の幼鳥が飛ぶことを覚える
大暑 初候 7月23日頃~7月28日頃 桐始結花
(きりはじめてはなをむすぶ)
腐った草が蒸れ蛍となる
次候 7月29日頃~8月2日頃 土潤溽暑
(つちうるおうてむしあつし)
土が湿って蒸暑くなる
末候 8月3日頃~8月7日頃 大雨時行
(たいうときどきふる)
時として大雨が降る
立秋 初候 8月8日頃~8月12日頃 涼風至
(すずかぜいたる)
涼しい風が立ち始める
次候 8月13日頃~8月17日頃 寒蝉鳴
(ひぐらしなく)
朝露が降り始める
末候 8月18日頃~8月22日頃 蒙霧升降
(ふかききりまとう)
蜩が鳴き始める
処暑 初候 8月23日頃~8月27日頃 綿柎開
(わたのはなしべひらく)
鷹が捕らえた鳥を並べて食べる
次候 8月28日頃~9月1日頃 天地始粛
(てんちはじめてさむし)
ようやく暑さが鎮まる
末候 9月2日頃~9月7日頃 禾乃登
(こくものすなわちみのる)
稲が実る
白露 初候 9月8日頃~9月12日頃 草露白
(くさのつゆしろし)
雁が飛来し始める
次候 9月13日頃~9月17日頃 鶺鴒鳴
(せきれいなく)
燕が南へ帰って行く
末候 9月18日頃~9月22日頃 玄鳥去
(つばめさる)
多くの鳥が食べ物を蓄える
秋分 初候 9月23日頃~9月27日頃 雷乃収声
(かみなりすなわちこえをおさむ)
雷が鳴り響かなくなる
次候 9月28日頃~10月2日頃 蟄虫坏戸
(むしかくれてとをふさぐ)
虫が土中に掘った穴をふさぐ
末候 10月3日頃~10月7日頃 水始涸
(みずはじめてかるる)
田畑の水を干し始める
寒露 初候 10月8日頃~10月12日頃 鴻雁来
(こうがんきたる)
雁が多数飛来して客人となる
次候 10月13日頃~10月17日頃 菊花開
(きくのはなひらく)
雀が海に入って蛤になる
末候 10月18日頃~10月22日頃 蟋蟀在戸
(きりぎりすとにあり)
菊の花が咲き出す
霜降 初候 10月23日頃~10月27日頃 霜始降
(しもはじめてふる)
山犬が捕らえた獣を並べて食べる
次候 10月28日頃~11月1日頃 霎時施
(こさめときどきふる)
草木の葉が黄ばんで落ち始める
末候 11月2日頃~11月6日頃 楓蔦黄
(もみじつたきばむ)
虫がみな穴に潜って動かなくなる
立冬 初候 11月7日頃~11月11日頃 山茶始開
(つばきはじめてひらく)
水が凍り始める
次候 11月12日頃~11月16日頃 地始凍
(ちはじめてこおる)
大地が凍り始める
末候 11月17日頃~11月21日頃 金盞香
(きんせんかさく)
雉が海に入って大蛤になる
小雪 初候 11月22日頃~11月26日頃 虹蔵不見
(にじかくれてみえず)
虹を見かけなくなる
次候 11月27日頃~12月1日頃 朔風払葉
(きたかぜこのはをはらう)
天地の寒暖が逆になる
末候 12月2日頃~12月6日頃 橘始黄
(たちばなはじめてきばむ)
天地の気が塞がって冬となる
大雪 初候 12月7日頃~12月11日頃 閉塞成冬
(そらさむくふゆとなる)
やまどりが鳴かなくなる
次候 12月12日頃~12月16日頃 熊蟄穴
(くまあなにこもる)
虎が交尾を始める
末候 12月17日頃~12月21日頃 鱖魚群
(さけのうおむらがる)
大韮が芽を出し始める
冬至 初候 12月22日頃~12月26日頃 乃東生
(なつかれくさしょうず)
蚯蚓が地中で塊となる
次候 12月27日頃~12月31日頃 麋角解
(さわしかのつのおつる)
大鹿が角を落とす
末候 1月1日頃~1月4日頃 雪下出麦
(ゆきわたりてむぎのびる)
地中で凍った泉が動き始める
小寒 初候 1月5日頃~1月9日頃 芹乃栄
(せりすなわちさかう)
雁が北に渡り始める
次候 1月10日頃~1月14日頃 水泉動
(しみずあたたかをふくむ)
鵲が巣を作り始める
末候 1月15日頃~1月19日頃 雉始雊
(きじはじめてなく)
雄の雉が鳴き始める
大寒 初候 1月20日頃~1月24日頃 欵冬華
(ふきのはなさく)
鶏が卵を産み始める
次候 1月25日頃~1月29日頃 水沢腹堅
(さわみずこおりつめる)
鷲・鷹などが空高く速く飛び始める
末候 1月30日頃~2月3日頃 雞始乳
(にわとりはじめてとやにつく)
沢に氷が厚く張りつめる
お気に入りのカレンダーは見つかりましたか?

カレン堂の名入れカレンダー・ショッピングガイド

お支払い方法について> 詳しくは
以下のお支払い方法をご利用いただけます。

■カード払い
カードロゴ
■代金引き換え
■銀行振込 ■後払い(コンビニ・郵便局・銀行)
NP後払い

名入れカレンダーのお問い合わせについて
下記フォームよりお問い合わせください。

メールの返信は時間帯は9:00~17:00となります。(日、祝祭日を除く)

以下のメールアドレスでも受け付けております。
info@calendo365.com

配送について> 詳しくは
配送は宅配便(西濃運輸・ヤマト運輸)よりお送りさせていただきます。

全商品送料無料

返品・キャンセル・交換について
完全受注生産のためご注文確定後の返品・交換・キャンセルはお断りさせていただきます。
万が一到着した商品が、当方のミスによる不良品(破損・汚損など)の場合は、早急に返品・交換などの対応をさせて頂きます。その場合、到着日より7日以内にご連絡ください。

運営元> 詳しくは
シティライフ株式会社
〒290-0022
千葉県市原市西広550番地
フリーアクセス.0800-800-1405(通話無料)
FAX.0436-21-9141