2023年の名入れカレンダー印刷は激安・短納期のカレン堂にお任せください。商品数1800点超!国内最大級の名入れカレンダー専門店

名入れカレンダー専門店カレン堂

0120-684-800

受付時間 平日9~12時/13~18時

ホーム > ブログ > 二十四節気 > 11月22日 小雪

11月22日 小雪

今日から始まる「小雪(しょうせつ)」は、季節の指標となる二十四節気の20番目。冬を6つに分けた節気の2番目で、立冬から数えて15日目頃、太陽黄径が240度となる日です。
次の二十四節気「大雪(たいせつ)」までの期間も指し、毎年11月23日頃(2022年は11月22日)~12/6頃となります。

北国や山間部では雪が降り始めますが、本格的な冬の訪れはまだ、という時期。紅葉が散り始め、柑橘類が色づき、日差しも少しずつ弱まって、冷え込みが厳しく感じられるようになります。雪もそれほど降らず、積もらない程度なので「小雪(しょうせつ)」と言われたようです。気象の「小雪(こゆき)※」とは別の表現です。
この期間の行事には、古くから神社で行われている「新嘗祭(にいなめさい)※」があり、現在では国民の祝日「勤労感謝の日」にもなっています。お世話になった方に感謝の気持ちを表す「お歳暮」の準備の時期でもあります。

※新嘗祭(にいなめさい)
今年のお米の収穫を感謝するお祭りで、新米を神に供えて食べる儀式。古くは日本書紀にも記されており、皇室で行う「宮中祭祀(きゅうちゅうさいし)」のひとつ。各神社でも行われる。俳句の初冬の季語。
※小雪(こゆき)
気象庁の予報用語の「小雪」は、数時間降り続いても、1時間あたりの降水量が1mmに満たない雪のことを指す。

■七十二侯(しちじゅうにこう)

・初侯 虹蔵不見 (にじかくれてみえず)  11/22~11/26頃
虹を見ることがなくなる/陽が弱まり、空気が乾燥することで、虹が現れなくなること。見えてもぼんやりと淡く、すぐに消えてしまいます。清明の末侯「虹始見 (にじはじめてあらわる)」と対になった侯です。
・次侯 朔風払葉 (きたかぜこのはをはらう) 11/27~12/1頃
北風が木の葉を散らす/「朔風」とは北風のことで、木枯しの意味。冷たい風で葉を落とした木々は、本格的な冬に向かう風景です。土に落ちた木の葉は「望み葉 (のぞみば)」と呼ばれ、やがて肥料となり植物の栄養へと変わっていきます。
・末候 橘始黄 (たちばなはじめてきばむ) 12/2~12/6頃
橘の実が黄色く色づく/「橘」は現在では日本に自生する日本固有の柑橘類「ヤマトタチバナ」のことですが、昔は柑橘類の総称でした。常緑樹で葉が枯れないことから永遠の象徴となり、御神木やお祝いの木として植えられ、また、家紋や文化勲章のデザインとしても使われています。

■旬の食材や植物

・ホウレンソウ(菠薐草)
旬は11~2月。とても栄養価が高く、鉄分をはじめ、ミネラル類、カロテン、ビタミンC、葉酸を多く含みます。造血作用があり、貧血予防の代表的食材。ヨーロッパでは「胃腸のほうき」といわれ、胃腸を整える野菜でもあります。霜に触れると甘みが増すため、「チヂミほうれん草」はあえて寒い環境で栽培しています。

・ヒラメ(平目・鮃)
11~2月が旬。近年は養殖ものが多くなったため、通年出回るようになりました。寒い時期に脂がのり、さらに身も引き締まって美味しくなります。日本近海全域に広く生息し、左右の眼が体の左側についてるのが特徴。体表を保護色に変える能力もあり、わずか15分位で周囲と同じ色に変化します。

・ミカン(蜜柑)
11~1月が旬で、早生は9月頃~。ハウス栽培も盛んで通年手に入りますが、こたつの上にミカンがある「こたつにミカン」は冬を代表する光景のひとつ。ビタミンC以外にも多くの栄養素が含まれ、骨粗しょう症の予防に効果的。ただし、食べ過ぎると身体が冷えるので要注意。

・モミジ(紅葉)
江戸時代から300種もの園芸品種が作られ、紅葉(こうよう)を楽しむ「モミジ狩り」は秋から初冬を象徴するイベント。有名な品種はイロハモミジ。カエデ(楓)もモミジと植物分類では同じですが、盆栽や造園の世界では、葉の切れ込みが浅いものを「カエデ」と呼ぶそう。英語ではともに「メープル」で、カナダ産のカエデの樹液から作られているのが「メープルシロップ」です。

二十四節気や暦情報が満載の名入れカレンダー

・NA-147 二十四節気
・IC-705 暦のある暮らし
・NK-65 季節の暮らし暦
・NK-60 暦生活 季節のカレンダー
・SB-173 満福暦
名入れカレンダーは国内最大級の専門店 カレン堂へお任せください。