ホーム > ブログ > 二十四 節気。冬至~小寒~大寒へ

二十四 節気。冬至~小寒~大寒へ

ことし2020年の冬至は本日12月21日です。北半球では最も夜の長い日となります。夏至と比べて東京では4時間半ほどの差があると言われます。
『一陽来復』この冬至を境に陽が伸び始めることから運が上昇に転じるとも言われています。今年はコロナ禍でいろいろなことに変化が始まりました。
まだ収束には時間がかかるかとは思いますが、今日は柚子湯に浸かり明日からの運気を養いましょう。

七十二候(しちじゅうにこう)

冬至初候12月22日頃~12月26日頃乃東生
(なつかれくさしょうず)
夏枯草が芽を出す
次候12月27日頃~12月31日頃麋角解
(おおしかのつのおつる)
大鹿が角を落とす
末候1月1日頃~1月4日頃雪下出麦
(ゆきわたりてむぎのびる)
雪の下で麦が芽を出す
小寒初候1月5日頃~1月9日頃芹乃栄
(せりすなわちさかう)
芹がよく生育する
次候1月10日頃~1月14日頃水泉動
(しみずあたたかをふくむ)
地中で凍った泉が動き始める
末候1月15日頃~1月19日頃雉始雊
(きじはじめてなく)
雄の雉が鳴き始める
大寒初候1月20日頃~1月24日頃欵冬華
(ふきのはなさく)
蕗の薹(ふきのとう)が蕾を出す
次候1月25日頃~1月29日頃水沢腹堅
(さわみずこおりつめる)
沢に氷が厚く張りつめる
末候1月30日頃~2月3日頃雞始乳
(にわとりはじめてとやにつく)
鶏が卵を産み始める