ホーム > ブログ > 二十四 節気。大暑~立秋~処暑へ

二十四 節気。大暑~立秋~処暑へ

8月4日、暦で言えば、大暑の末候頃となります。今週8月7日は、立秋。暦の上ではもう「秋」になります。
梅雨明けが遅かったこともあり、関東ではようやく今週になって夏が来たという感じです。

ただ、コロナや豪雨災害などもあり、ことしは手放しで夏を楽しむというわけにはいかないようです。
子どもたちにとっては、夏休み、プールや海、帰省・・・多くのことに制限があります。
大人も自覚をもって行動しなければなりません。皆さん、頑張りましょう!

それでも季節は回ってきます。二十四節気の大暑から処暑へ。
七十二候の意味と共に季節を感じてみましょう。

七十二候(略本暦)

二十四
節気
日頃七十二候(略本暦)七十二候の意味
大暑初候7月23日頃~7月28日頃桐始結花
(きりはじめてはなをむすぶ)
桐の実が生り始める
次候7月29日頃~8月2日頃土潤溽暑
(つちうるおうてむしあつし)
土が湿って蒸暑くなる
末候8月3日頃~8月6日頃大雨時行
(たいうときどきふる)
時として大雨が降る
立秋初候8月7日頃~8月12日頃涼風至
(すずかぜいたる)
涼しい風が立ち始める
次候8月13日頃~8月17日頃寒蝉鳴
(ひぐらしなく)
蜩が鳴き始める
末候8月18日頃~8月22日頃蒙霧升降
(ふかききりまとう)
深い霧が立ち込める
処暑初候8月23日頃~8月27日頃綿柎開
(わたのはなしべひらく)
綿を包む萼(がく)が開く
次候8月28日頃~9月1日頃天地始粛
(てんちはじめてさむし)
ようやく暑さが鎮まる
末候9月2日頃~9月7日頃禾乃登
(こくものすなわちみのる)
稲が実る

七十二候が掲載されたカレンダーです。
IC-705 暦のある暮らし 二十四節気 七十二候とともに