ホーム > ブログ > カレン堂の卓上カレンダー箔押し色

カレン堂の卓上カレンダー箔押し色

卓上カレンダーのもっともポピュラーな印刷方法に箔押し印刷があります。
リング製本形式の卓上カレンダーでは、ほぼ全商品で箔押しによる名入れ印刷が行われます。


箔押しとは、金属製の凸版を高温に熱し、箔ホイルに1トン近くの圧力をかけカレンダーの台紙に圧着させる方法です。
カレン堂では、自社工場で毎日印刷を行いお客様へお届けをしています。
自社工場での印刷になるので、商品の品質管理や保管も徹底されており自信をもってご納品できる環境を整えています。


通常は、基本色として、金、銀、黒を指定していますが、オプションで対応できる色もありますのでご紹介いたします。カレンダーの種類によって台紙の紙質は様々です。台紙毎に印刷の設定を変えるなど毎年100種類以上の卓上カレンダーを作成してきた技術がありますので、オプション色をご希望の際はぜひご相談ください。すべて自社工場対応ですので追加料金などはかかりません。
また、大量印刷や超短納期などにも対応できますのでお気軽にご相談ください。



【基本色】金(メタリック)どんな台紙にも合う基本色です。細かい文字もきれいに出ます。



【基本色】銀(メタリック)一番ご利用の多い基本色です。細かい文字もきれいに出ます。



【基本色】黒 白台紙やクラフト台紙などにご利用いただいています。顔料系の箔なのでメタリック箔より、細かい文字やベタ抜きが苦手です。



【オプション】白 黒台紙に押すと真っ白というほど白が濃くありません。顔料系の箔なのでメタリック箔より、細かい文字やベタ抜きが苦手です。白色の場合はシルク印刷をおすすめします。



【オプション】つや消し金 つやを抑えた金です。クラフト系の台紙にシンプルなデザインで印刷するととてもオシャレです。



【オプション】つや消し銀 つやを抑えた銀です。メタリック銀に比べると細かい文字がつぶれ気味になります。



【オプション】メタリックグリーン SG-917卓上クローバーカレンダーにオプション利用を頂いています。カレンダーとマッチしてきれいです。



【オプション】メタリックブルー 金・銀に比べると細かい文字がつぶれ気味になります。



【オプション】メタリックピンク 白台紙によく合います。金・銀に比べると細かい文字がつぶれ気味になります。



【オプション】メタリックレッド 金・銀に比べると細かい文字がつぶれ気味になります。