ホーム > ブログ > 卓上カレンダーの箔押し印刷には細めのフォントをおすすめします

卓上カレンダーの箔押し印刷には細めのフォントをおすすめします

リングタイプの卓上カレンダーの名入れ印刷には、箔押しという印刷方法を多用します。
箔押しは、熱によって箔を圧着しますので、どうしても文字が太くなりがちです。

haku01

そのため、原稿作成時点からワンサイズ細めのフォントを利用して版を作成することを推奨しています。
当店で作成する場合には、あらかじめ考慮してデザインをいたしますが、
データ入稿されるお客様には、ぜひ細めのフォントをご利用いただきますようお勧めします。

haku02※上記写真の千葉県の「葉」などは潰れやすい文字のひとつです。

 

特にご住所など、小さい文字で画数が多い場合など、文字がつぶれてしまう恐れがありますのでご注意ください。
カレン堂の箔押しは、卓上カレンダーの台紙に特化した、専用箔を使用していますので、通常の箔よりは
シャープに仕上がりますが、それでも太い文字で画数が多い場合はつぶれてしまう場合があります。

卓上カレンダーのデータ作成時などでご不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。

contact-bt