ホーム > ブログ > コロナ禍だからこそ「心」に届くことばのカレンダー(1)

コロナ禍だからこそ「心」に届くことばのカレンダー(1)

今年は「新型コロナウイルス」に尽きると思います。
そんな中でも、しっかりと生きていかねばなりませんし、経済活動も継続していかなければなりません。
多くのストレスと共に生活する中で、ちょっとした「ことば」に生かされることもあると思います。
暮らしの羅針盤となるそんなカレンダーをご紹介します。がんばりましょう!



KS-8 こころのことば
やさしい墨絵に気持ちが前向きになるひと言付



NK-52 あなたがいてくれてよかったカレンダー
癒し人、ハタタケルのほのぼのワールドがカレンダーに



TD-951 楽笑〜笑顔になれる書画ごよみ〜
今日一日のイヤな事がスーッと消えて無くなります
田中太山
ニューヨーク在住の書画家。
大胆な筆遣いと鮮やかな色彩の絵に、詩を添えた作品スタイル。
どの作品もふれる度に元気や情熱、ぬくもりを感じることができる。



NK-423 花と小さないのち〜小籔実英作品集〜
高野山真言宗、教学部長の小籔実英が描く詩画集カレンダー
小籔実英(こやぶ じつえい)
昭和26年京都府福知山市に生まれる。高校教師として17年間、教鞭をとった後に退職。
その後、丹波あじさい寺・観音寺住職の住職となり心を育てる「あじさいの会」を主催。
現在、総本山金剛峯寺執行、高野山真言宗教学部長、高野山真言宗国際局長、高野山真言宗布教研究所所長。



NK-650 元気の出る猫語録日めくり(万年カレンダー)
水墨作家・岡本肇が描く、元気と笑顔を贈る毎日の猫語録!!



★ご案内!!6月末まで当店の名入れカレンダーをクレジットカードでご購入いただいた場合に、ご購入金額の5%をポイントで還元するというものです。断然お得ですので、ぜひこの機会にキャッシュレスでのご購入をおススメいたします。